アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw
アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw アロマセラピーの持つ驚きの力・効能をご紹介w あなたの癒しのお手伝いになりますように。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アロマセラピー通販情報



近年、アロマセラピーを生活に取り入れている方が増えてきました。
これに比例する形でサロンやスクールも増えてきています。
同時にここ数年の間に通販でのショップもだいぶ増えてきました。

ここではお勧めのアロマセラピー通販サイトをご紹介します。

アロマセラピーBLUE MOON (http://aroma-bluemoon.jp/)
 精油だけでなく、アロマに関するグッズもそろっています。
 また、ママと赤ちゃんのアロマや、アロマの楽しみ方についての説明があるので、初心者の方や、お子さんがいる家庭でも充分役立ちます。
 手作り石鹸などのクラフト作成のレシピや、材料も販売しています。

 お支払い方法は、代引き・クレジット・銀行振込があり、購入金額5000円以上に対して送料が無料になります。

Aromatic-Green (http://www.aromatic-green.com/category/child.html)
 用途や季節、男女別などその時々に応じたアロマ販売をしています。
 ブレンドオイル、精油だけでも常時200種類位置いてます。
 お支払方法は
  銀行振込の場合:三菱東京UFJ銀行振込(前払い、2回目以降後払い可能)
  郵便振替の場合:前払い、2回目以降後払い可能
  クレジットカードの場合:1回払いのみ。与信確認後決済
  宅配便代引きの場合:西武運輸のみ取り扱い可能
 などがありますので、ご都合がよい支払方法を選択してお知らせください。
 送料に関しましては、全国一律500円となります。


上記2つのサイトの内容を見てみると、精油の種類も豊富でHPもとても見やすいのでご利用するにはお勧めのサイトの一つです。


アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw


スポンサーサイト
  1. 2008/01/14(月) 23:35:29|
  2. アロマセラピーのレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロマテラピーグッズ



近頃、アロマを利用したり楽しんだりマッサージしたりとする人が増加傾向にあると思います。
アロマは身体だけでなく、心のトラブルにもすごく効果がある為、ストレスを抱えた人が多い現代社会に愛用者が増えたのもうなずけます。
それにアロマポッドバスソルト等、グッズが増えてきたのも増加の手助けになっていると感じます。

さて、そのグッズにはいったいどんな物があるのでしょう?
キャンドルの熱で精油を温め、そこから上がってきた蒸気+香りを取り入れたり、アロマライトのように電球の熱で精油を暖めて使う物もあります。

よくショップやサロンに入ったときに感じる臭いはディフュ-ザーと言うものを使用していますが、最近、一般家庭においても使用する方が増えています。
また、除湿機や空気清浄機などに精油を垂らして使用する機能が付いている製品も多く売られています。

香りを楽しむだけでなく、生活の中に取り入れる事も増えてきました。
石鹸・シャンプーなどのヘアケア製品、バスソルト基礎化粧品類(クレンジング、化粧水、保湿クリーム等)などもアロマが配合されている商品がいっぱい販売されるようになってきてるし、調べ始めたらきりがないくらいいっぱい製品があります。

何気なく使用している家の中にある商品にもアロマが配合されている物があるかもしれませんよ?調べてみるのもいいかもしれませんね。

石鹸などのクラフト作成は自分で好きな香りのものが作れるので、何にしようと悩んだりして、すごく楽しいかもしれませんね。


アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw



  1. 2007/10/06(土) 10:46:04|
  2. アロマセラピーのレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メディカルアロマセラピー



フランス式メディカルアロマセラピーという言葉を知っていますか?

香りの効果でリラックスするイギリス式のメディカルアロマセラピーとは違い、
香りと、精油の力で体調が悪い方の病気とは認められていない症状を改善させたりする事が出来る代替医療になります。

例えば風邪などの伝染性疾患、ニキビやアトピー性疾患などの皮膚疾患、鬱病やパニック障害睡眠障害、不安症などの精神性疾患、消化器系疾患などの早期改善をオイルを肌からの直接吸収により治癒効果が期待されています。

元々アロマテラピー誕生の由来が、フランス人科学者ガトフォッセが実験中火傷をした際に、そばにあったラベンダーの精油を患部に塗った事により症状が軽減された事から生まれたものです。元々は代替医療の方が由来となっているわけです。

その後、キャリアオイルなどに希釈して使用するマッサージなどが編み出され、美容や癒しなどを目的とするアロマテラピーが提供されたのです。
このアロマテラピーがイギリスに渡ったのですが「医療」とは認められずに変わりにリラックスなど癒しを目的とした「アロマテラピー」が定着していったという事です。

現在の日本では、イギリス式のアロマテラピーでマッサージや癒し、リラックスを目的とした物が主流となっています。
もちろんこれも大切な効果なのですが、メディカルアロマセラピーは成分を直接身体に取り込むので効果が格段に違うと言えます。


治療してもなかなか良くならない、症状が改善されないと思っている方は、一度メディカルアロマセラピーを体験してみるのもいいかもしれませんね。
改善されるかもしれませんよ。


  1. 2007/09/21(金) 11:19:44|
  2. アロマセラピーのレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロマセラピーのレシピ集



近頃、石鹸化粧品などにアロマが含まれている商品が多くなってきています。
でも、なかなか好きな香りがなかったり、高くて手を出すのに躊躇してしまうと方も多いと思います。
思い切って自分で手作りで作ってみてはどうでしょうか?

ここでは手軽に作れるグッズのレシピ(作り方)をご紹介します。

手始めに石鹸などを作ってみましょう。

【ソープ(50g)】
○材料:お好きな精油 5~20滴分
(ラベンダーやローズ等、ご自身のお好きな精油をご用意ください。)
MPソープ 50g(電子レンジで溶かして作る石鹸
(無い場合は無香料・無着色の石鹸を摩り下ろして使う事も可能です。)
MPソープ
(お好きな形の型をご用意ください。)

○作り方
電子レンジ対応の耐熱容器を用意し、
それにMPソープを3cm角に刻んで入れ、
完全に溶けるまで様子を見ながら加熱します。

溶けたMPソープにお好きな精油を加えてよくかき混ぜ、
お好きな型に注いで固まるまで常温で2~3時間
(お急ぎの場合は冷蔵庫に1時間ほど入れる)置いて固めます。
固まったら型から取り出し、風通しのよい場所で乾燥
(4~5日位)させて出来上がりです。


ちなみに、石鹸ではなくボディソープにしたい場合は、市販の無香料ボディーソープにお好きな精油を加えていただくだけで簡単に使用することが出来ます。

【簡単バスソルト○材料:1回分
お好きな精油 5滴以内
天然塩    大さじ1

○作り方
 天然塩大さじ1にお好きな精油を5滴以内で混ぜ合わせる。

簡単にバスソルトが出来上がります。効果には香りでのリラックスだけでなく、血行などを促進し発汗を促すような効果があります。


作る際の注意事項ですが、パッチテストを必ずするようにしてください。
パッチテストの方法は、キャリアオイルに精油を希釈したもの(5mlに対し1滴)を前腕の内側に付け、12時間~1日様子を見ます。
何も反応が出なければOKです。
また、精油の中には刺激性の物もあるので、お子様や、お年を召した方、アレルギーのある方に使用する際は特に気をつけてくださいね。






  1. 2007/08/04(土) 21:39:11|
  2. アロマセラピーのレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。