アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw
アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw アロマセラピーの持つ驚きの力・効能をご紹介w あなたの癒しのお手伝いになりますように。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アロマセラピー精油



アロマを始めようと思って精油を買いに行った時、あまりの種類の多さにどれを使ったらいいかわからなくなる人が多いと思います。
ここでは、初心者の方にお勧めの精油をいくつか紹介したいと思います。

まず皆さんがよく耳にしていて馴染み深い精油ラベンダーだと思います。
さまざまな場面で使えて、安全なのでまず初めに購入する一本には最適な精油です。

リラックス効果や、鎮静効果(筋肉痛・神経痛・生理痛・頭痛・腹痛)があります。
その他、血圧を下げたり心拍を抑えたりする作用があったり、皮膚の再生作用(日焼け後のケアや湿疹)、切り傷や火傷などにも効果を発揮します。

ラベンダーの他にもう一本お勧めの精油ローズマリーです。
料理などにもよく使われてますよね?
香りはハーブ系で強めです。
無気力の心にやる気を出させて元気にしてくれたり、身体の器官を活性化させて暖めてくれるので冷え性や低血圧にも効果があります。
血液循環作用もあるので、筋肉痛や肩凝り、腰痛、神経痛の緩和にもいいです。
呼吸器系にも作用するので風邪や気管支炎などにも効果があります。


初めてアロマをやってみる方は、アロマライトアロマポッドなどのグッズを買うと金額ばかり高くなるので、ハンカチの裏など直接肌に触れない部分に少量付けて見るのもいいですし、お湯に2~3滴入れて蒸気などから出る香りを楽しむだけでも充分お手軽にリラックスしたり、楽しむことも出来ると思います。

これで、慣れてきたら色々な精油で自分の症状や気分に合わせてブレンドして楽しむのがいいと思います。



アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw


スポンサーサイト
  1. 2007/12/11(火) 22:40:36|
  2. アロマセラピーの効能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロマセラピーで花粉症を直す



人間の体にとって、スギ花粉などの花粉は異物の物となります。

この異物に対して体の免疫反応が過剰に反応してしまい、鼻・目・気管支などの粘膜が炎症を起こしす為、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの花粉症特有のアレルギー症状が起こってしまいます。

花粉症に効果がある精油には何があるかと言うと、
まずは、医薬品などにも入っている「ユーカリ」です。
ユーカリの効用には花粉症の他にも、筋肉痛を鎮めるための鎮静作用などにも効果があります。

次に、強い殺菌力があり、免疫力を刺激する作用がある「ティートリー」です。

三つ目には「カモミールジャーマン」殺菌作用があります。
香りが非常に強く薬草のような匂いがするので苦手な方もいると思います。
その様な方には「カモミールローマン」をお勧めします。


使用方法の例として、コップ一杯の水(または湯)にティートリー(またはユーカリ)を1滴入れ、うがいをします。花粉症だけではなく、風邪予防にも効力があります。


次にマスクの端(直接顔にあたらない様にガーゼの中部分)に1~2滴ほどエッセンシャルオイルを染み込ませるという方法もあります。
この場合ガーゼの中央にエッセンシャルオイルを染み込ませないようにしてください。
むせることもあるみたいです。

また、アロマバスを楽しむのもいいですね。
オイルの成分がお風呂の湯気とともに鼻から吸収され、かつ肌にも浸透されるので、よりよい効果が期待できると思います。
お風呂の掃除が大変だと言う方には、カップや洗面器に精油を数滴垂らして蒸気を吸うという方法が手軽に出来ると思います。

家の外でも出来る活用方法としては、ティッシュやハンカチに数滴垂らして持ち歩く方法です。

活用方法は色々ありますが、自分に合った方法で使用されるとよりよい効果が得られ、続けられると思いますよ。


  1. 2007/08/07(火) 10:55:59|
  2. アロマセラピーの効能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロマセラピーの効能



アロマセラピーの効能にはいったいどういった効能があると思いますか?
エッセンシャルオイル精油)の楽しみ方には、アロマポッド精油を垂らして使用する芳香浴や、スチームや洗面器などにお湯を張り精油を垂らして蒸気を吸入する方法、スプレー、入浴、湿布、マッサージ、石鹸作り等のクラフト作りなど様々な楽しみ方があります。
これらの効果には、皮膚から吸収(マッサージや入浴)し、直接身体に作用する物と、芳香浴など鼻から香りを間接的に吸入して脳に働きかける二つに別れています。

そうした自然の恵みや、精油をはじめとするオイルや基材を用いて行う、施術・手技などの”植物芳香療法”の事をアロマセラピーと言います。

アロマセラピーには香りを色々な形で取り込むことで効能がある事がわかります。
どのような効能があるのでしょうか?

以下にお勧めの精油のブレンドをご紹介します。
『緊張などをほぐしてリラックスがしたい場合』
 ラベンダー・マージョラム・スウィートオレンジ・シダーウッド・グレープフルーツ

『やる気を出したい、元気を取り戻したい場合』
 ヒノキ・レモングラス・ティートリー・ローズマリー

『集中力を出したいとき、眠気を覚ましたい場合』
 ローズマリー・ユーカリ・ペパーミント・レモン・シトロネラ

『気分転換、心身のバランスを整える場合』
 ベルガモット・ゼラニウム・ローズウッド ・フランキンセンス

『リラックスし幸福感を味わいたい場合』
 クラリセージ・イランイラン・パチュリー・ジュニパー

ここに記述したのはほんの一例ですが、その日の体調に合ったブレンドなどして、アロマセラピーを楽しんではいかがでしょうか?


  1. 2007/08/03(金) 17:08:33|
  2. アロマセラピーの効能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。