アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw
アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw アロマセラピーの持つ驚きの力・効能をご紹介w あなたの癒しのお手伝いになりますように。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アロマテラピーアソシエイツ



アロマテラピーアソシエイツとは、二人のセラピストによって生み出され、1985年に英国にて創業、世界中の高級スパのために世界水準の高さを認められアロマセラピーの殿堂として広く認知され、製品等を送り出しています。

スキンケアはエッセンシャルオイルとベースとし、フェイシャル・バスオイルなどで有名になっていて、遺伝子組み換え、合成着色料、鉱物油、蜂蜜を除いた、動物由来の原材料は一切使用せず、栽培者を地域などで選別し、無農薬で育てられた植物の生命力を凝縮しています。

Support・ Revive・ Balance ・Relax ・Renew ・De-stressの6種類のラインに分類され、種類ごとにテーマを設けて、そのイメージを象徴する色彩などでパッケージなどが出来ています。

例えばどんな商品があるのかというと、お勧めは≪RELAX≫シリーズの「ライトリラックス バスアンドシャワーオイル」です。原材料はラベンダーイランイランプチグレンなど、優しいふわっとした香りが心身のリラックス効果をまねき、爽快な気分にしてくれます。バスソルトなどに使用した場合はほのかな香りが持続して、気分をほぐしてくれます。
キメ細やかな粒子が肌を保護してくれるのでお肌にもとっても優しい商品です。
ですので、仕事や家事など疲れている方にすごくお勧めです。
使用方法は簡単で、オイルを浴槽にキャップ一杯分入れ、バスオイルにしたり、ぬれている身体にキャップ半分程のオイルを身体につけてシャワーで洗い流します。
お風呂の時間に使うので、手間も時間も取らず、簡単に毎日取り入れられるのでいいですよね。



アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw


スポンサーサイト
  1. 2008/01/21(月) 10:57:27|
  2. アロマセラピーの基礎知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロマセラピー



アロマセラピーという言葉を皆さんはご存知でしょうか?
ご存知の方が大勢いらっしゃると思いますが、名前くらいしか聞いたことが無いという方もいらっしゃることでしょう。

アロマセラピーとは、アロマとセラピーを組み合わせて造った言葉で、
アロマ(Aroma,香法)+テラピー(Therapy,療法)=「アロマセラピー」(AromaTherapy,香法療法)という意味です。

言葉の通り香りを使った方法で身体共に療法(癒す)という意味を持っています。
例えば、ローズのような花の香りでなんだか優しい気持ちや幸せな気持ちになったり、ペパーミントのようなスーッとした香りで鼻の通りがよくなったりするような事はありませんか?
こういった現象は全て香りが身体に影響を与え、効果を発揮していると言うことです。
このような現象を使い、アロマセラピーとは香りが持つ作用を利用して効果的に作用させているのです。

また、植物の成分を凝縮させて抽出した精油を使って行う自然療法なので、香りを嗅いだり、直接肌に塗布して成分を吸収させることによって本来人間が皆持っている自然治癒力を高めて心身を改善させ、健康や美容、一般生活に役立たせて行くことが出来ます。

アロマセラピーは中世の方ではかなり昔から浸透していたようですが、日本ではほんの20年前に名前が知れ渡り始めたようです。
まだ名前が知れ渡り始めてから20年位しか経っていないのに、香りや効能に興味を持ったり、生活の一部に取り入れたり、学んだりしたいという人が増えています。
今の現代社会がアロマセラピーの効能を必要としているので、こういった現象が起こっているのかもしれません。

ここ近年で、サロンや専門店、スクールなど多くなってきているのも必要とされている、生活に役立っているという事なのでしょうね。


アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw


  1. 2007/10/18(木) 11:01:30|
  2. アロマセラピーの基礎知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロマテラピーの資格



最近は、アロマを趣味としてだけでなく、プロとして活躍したいと思っている人が増えてきたように感じます。

プロとして活躍するのに資格を取りたい方も多いと思います。

日本で受講、受験できるアロマテラピーの資格は主に3種類に分かれています。

まず日本で一番有名なのは、日本アロマ環境協会の資格です。
アロマの健全な普及と発展の為に設定した資格です。
アロマ検定2級、1級を取得し、教会に入会後、アロマテラピーアドバイザーインストラクター、セラピストの資格を受講することができます。

受講を終了して、自身の能力を認定されると各資格が取得できます。
http://www.aromakankyo.or.jp/index.php

次に有名なのは英国IFAの資格です。
ロンドンに本部を置いている、アロマテラピー団体IFAが設定している資格となります。日本国内のみならず、国際的に通じる資格として幅広く活躍できる資格です。
試験内容には筆記と実技の試験があります。
上記の試験合格後、IFA認定アロマセラピストの資格を取得できます。
http://www.ifaroma.org/

最後に英国ITECです。
英国の独立した諮問機関ITECが設定している資格で、現在資格コースが25種類のあり、日本では「APMディプロマ」「ITECアロマセラピーディプロマ」「ITEC リフレクソロジーディプロマなどがあり、全てのディプロマは国際資格を取得する事が出来ます。
試験内容には、理論と実技の試験があります。
http://www.itecworld.co.uk/


個人的意見ですが、国際資格が欲しいとお考えの方には英国IFAがお勧めだと思います。内容的に一番難しいのと、規定時間がある為、学ぶなら認定スクールで学ぶことが一番いいと思います。



アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw



  1. 2007/09/24(月) 10:36:39|
  2. アロマセラピーの基礎知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめてのアロマセラピー



ここ近年において、アロマセラピーに興味を持ち始め、ハマっている人が増えてきました。
自分もやってみたいけど、どこから手を出していいのか分からないって思って、躊躇している人も多いかと思います。

手始めに、アロマオイル精油などが置いてあるショップなどに出向き、色々臭いを嗅いでみて好きな精油を見つけてみましょう。好きな香り、嫌いな香り等さまざまあると思いますが、大抵一つくらいは好きな香りが見つかると思いますよ。

それでも、何から試したらいいのか分からない場合は、定番の香りで初心者でも違和感無く使えるラベンダーなどをお勧めします。ラベンダーはスペシャリストな精油で色々な使い方があります。同じ様に、グレープフルーツも定番で取り入れやすい精油なのでお勧めです。

楽しみ方ですが、アロマキャンドルなどが一般的に取り入れやすく使いやすいグッズです。自宅に小さいお子様がいて、火を使うのを躊躇する場合はアロマライトが安全でお勧めです。火を使わないので、寝室でも安全に使うことが出来ますし、コンセントに差し込むタイプの場合はフットランプ代わりにもなるので、雰囲気も出ると思います。
どちらを使っても、最近は可愛いデザインの物が多く発売されているのでお部屋のインテリアの一部に加えてもいいかと思います。

グッズを買うのはちょっと・・・と思っている方でも、取り入れやすい方法があります。
ハンカチの肌に触れない部分(裏あたり)とかに数滴付けたり、お湯に数滴垂らして芳香浴などしたりして楽しむのも手軽に出来ますよね。

最近では100均ショップでも使えるグッズが売っているので時間に余裕があるときにでもちょっとのぞいてみるだけでも楽しいかもしれません。

でも、精油は安すぎると品質にちょっと疑問が?と思う方もいるので、安心して使えるように少し高くてもアロマセラピーの専門店の精油をお勧めします。


アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw


  1. 2007/09/23(日) 10:27:19|
  2. アロマセラピーの基礎知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペットにもアロマセラピー



家族同様に暮らしているペットも一緒にアロマセラピーが楽しめればと思った事はありませんか?

人間同様、ペットにもアロマセラピーの効果が出ることが分かって来ています。楽しみ方は人間と同じ様に、芳香浴マッサージオイルを使っての皮膚吸収などがあります。マッサージをして、ペットとスキンシップを取ることで元気にする事や、体調の変化などを捉えやすくなります。

ペットにアロマを使う時の注意事項ですが、犬など嗅覚が人間の何倍も鋭い動物の場合はマッサージをする前に香りを嗅がせてみるのをお勧めします。嫌がらずにうっとりする臭いがあればそれを使えばより効果が現れると思います。
ただし、マッサージで使う場合は希釈度は人間で使う希釈度より低くしてください。

ペットに皮膚病がある時にはラベンダー、ノミなどがある場合はローズマリー、風邪の場合はティートリー、ユーカリ、ラベンダーなどがお勧めです。

もしペットにアロマが合う場合は、虫除けや躾などにも役立つと思います。人間の場合も同様ですが体質的に合わないペットもいるので、皮膚などにトラブルがあるペットには使用しないほうがいいと思います。
どうしても使いたい場合は、動物専門のアロマセラピストに相談してみることをお勧めします。

飼い主さんも最初は慣れないと思いますが、手始めにブラッシングしてみたり雰囲気を作ってみたりしてから始めてみるとうまくいくと思います。
いつもペットに癒されているという方は、日ごろの感謝の気持ちを込めてアロマセラピーで楽しんでみてはいかがでしょうか。





  1. 2007/09/22(土) 11:00:50|
  2. アロマセラピーの基礎知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。